1. かんたん車査定ガイド >
  2. 自動車評論家 >
  3. 自動車評論家が教える、車売却について!

自動車評論家が教える、車売却について!

自動車評論家 松下 宏

自動車評論家として、長年活躍している松下宏さんが、車一括査定をオススメする理由や
新車へ一番安く乗り換える極意を詳しく解説!

初めての中古車一括査定や日々のメンテナンス方法に
お悩みの方は、是非ご覧ください!

一括査定で車を売却することをオススメする理由

自分の愛車を手放すとき、少しでも高く売りたいと考えるのは当然のこと。
しかし、中古車の買い取りをしている店はたくさんあるが、どの店が本当に高く買ってくれるのは分からない。
どの店でも高値買い取りをうたっていて、ユーザーからは見分けがつかないからだ。
また買い取り店によって得意とする車種とそうでない車種があり、得意とする車種なら高く買えるが、そうでない車種はあまり高く買えないといった事情もある。
だから、あちこちの買い取り専門店や中古車販売店(販売店はどこでも買い取りをしている)を回って高値で買ってくれる店を回っても、必ずしも効率が良いとはいえない。
最終的な査定価格は現車の査定を受けないと確定しないが、取り敢えずの金額は別な方法で確認することができる。
それには、いろいろなインターネットサイトで募集している中古車買い取りの一括査定サイトで応じて査定を依頼すると良い。一括査定でクルマの情報などを入力すると、複数の買い取り店や販売店にその情報が展開され、それぞれの買い取り店から連絡があって価格が提示される。
ユーザーは自宅にいながらにして最も高く買ってくれる店を選べるわけで、一括査定はとても効率の良い方法だ。
最初に連絡のあった販売店にすぐに決めてしまったのでは一括査定を依頼した意味がない。複数の買い取り店の査定額を比べることで、最も高く売るのが目的なのだから、ほかの買い取り店からの連絡も待ってしっかり比べて選びたい。
このような一括査定を利用すれば、自分の愛車を最も高い価格で売却できるのは間違いない。

新車へ一番安く乗り換える方法

新車の代替時には、それまで乗っていたクルマをどれだけ高く手放すことができるかが大きなポイントになる。
現在の愛車を高く売ることができれば、その分だけ次に買うクルマの支払い額を少なくすることができるからだ。
新車を買うときには、ユーザーはとかく新車の値引く額ばかりに神経を使いがちだが、同時に手放すクルマを高く売ることも同じように考える必要がある。
従来は新車の代替時にはそれまで乗っていたクルマを次の新車ディーラーに下取りに出すのが一般的だった。
ディーラーは下取り車を頭金の一部として受け取ることで代替をスムーズに進めてきた。
それも新車の値引き額と下取り車の査定額をないまぜにして、良く分からないような売り方をする面があったのも現実である。
でも最近では、クルマの買い取り店という業態が発達し、新車ディーラーの下取り価格よりも高値で中古車を買い取ることが一般的になってきた。これは中古車販売店にとって、販売する中古車の仕入れが難しいことが背景にある。
たいていの商品は、売れるならどんどん生産すれば良いが、中古車だけはそうはいかない。
新車を買ったユーザーが手放さないことは中古車という商品が発生しないので、中古車販売店は常に仕入れに苦労している。
そのために、中古車の業者間市場であるオークションが発達し、そこに出品するためにユーザーから中古車を買い取ってくれる買い取りの専門店が発達したわけである。
買い取り店では、ディーラーの査定よりも高い価格を提示しなければ、ユーザーが手放してくれないから、少しでも高値を提示しようとする。
中古車市場で良く売れる人気の高い車種ならどんどん高く買ってくれる。
買い取り店の価格がディーラーの下取りより高いことには、構造的な理由もある。
ディーラーが下取り査定をする場合、新車の納車時期を考える。
たいていは1カ月かそれ以上に先の新車の納車時期が想定され、その時点で下取り中古車が入庫する。
入庫した中古車は仕上げて展示し販売するまでにさらに時間がかかる。
それだけ先の時点の相場を考えて査定価格を提示しなければならないのがディーラーの下取り査定だ。
中古車は新車から時間が経過するほど安くなる商品だから、2~3カ月先の価格は現在の価格よりも確実に安い。
それを前提にしているのがディーラーの下取り査定だ。
これに対して買い取り店の査定は、査定した時点で中古車を引き取って、
すぐにオークションで転売することを前提にしている。
今現在の相場での査定価格を提示できるのだ。
このタイムラグがディーラー査定と買い取り店の査定の差につながる。
だから、ユーザーは毎日の通勤に使うようなクルマだと、早めに手放してしまうわけにはかいないからディーラーに下取りに出したほうが良いことになるが、しばらくクルマがなくても良いような状態なら、高いうちに買い取り店に売却するのが良い。
買い取り店が高く買ってくれるのは中古車市場で良く売れている人気の高い車種だ。
同じ車種でもボディカラーによって売れ行きが大きく異なる場合には、そうした人気も反映して買い取り価格を提示する。
買い取り店と違って新車ディーラーの査定はあくまでも新車当時の価格を基準にしている。
ボディカラーが違っても新車価格が同じだったら、カラーの違いを理由に大きな査定の差をつけにくい。
このあたりもディーラー査定が買い取り店の査定よりも、安くなりがちな理由である。

愛車の価値を落とさない乗り方、メンテナンス方法

自分の愛車を高く手放すことを考えたら、普段から丁寧な乗り方をして、大事に扱うことが大切だ。
粗雑な使い方をしたクルマは査定時にそれが分かり、安い価格しか提示されないことになる。
何よりも大切なのは事故を避けること。
軽微な事故ならともかく、修復歴車に該当するようなダメージを受けたクルマは、基本がゼロ査定になって売却すること自体が難しくなる。好んで事故を起こす人はないだろうが、中古車としての売却を考えても、事故車にしてしまわないことがまず大切だ。
次に大切のは、外観のコンディションを良い状態に保っておくこと。
日頃からマメに洗車をしてきれいな状態で乗るようにし、少なくとも月に一度くらいはワックスがけをして塗装のコンディションを良い状態に保っておくようにする。
できれば、洗車やワックスがけなどはガソリンスタンドに任せるのではなく、自分で手洗いをしたり、ワックスがけも自分でやると良い。そうすると、ボディの小キズを見つけるなど、愛車のコンディションを的確に把握できるので、いろいろな対応がしやすくなる。洗車などは普段はスタンドで、月に1回くらいは自分でということで良い。
外観がきれいな状態を保っているクルマは、査定を受けるときの第一印象が良くなり、高い査定が出やすくなる。逆に外観のコンディションの悪いクルマは、荒い使われ方をしたクルマと見られ、高い査定が出にくくなる。
だから査定を受けるときには取り敢えず水洗い洗車くらいはした上で査定を受けるようにしたい。それによって査定士に好印象を与えることができる。
逆にボディが汚れた状態で査定を受けると、査定士は汚れの下にキズがあるかも知れないというリスクを考えるため、どうしても高い査定をつけにくい。
査定を受けるためにわざわざワックスがけをするのはあまり意味がないが、水洗い洗車くらいはしたほうが良い。ワックスがけは、塗装を長持ちさせ、自分が気持ち良く乗るために普段からやっておけば良い。査定のために慌ててワックスがけをするのは本末転倒である。
日頃のメンテナンスという点では、オイル交換やタイヤのローテーションなど、一般的なメンテナンスを普通にやることと、必要な定期点検を受けておくことが基本。
これらはクルマを高く売るためにやることではなく、自分が愛車のコンディションを良い状態に保つためにやることで、それが結果として高く売ることにつながるという考え方で対応すれば良い。
オイル交換はエンジンの調子を保ち、燃費の維持するためにも必要なことだし、タイヤのローテーションは前後のタイヤを均等に使って長持ちさせることにもつながる。
定期点検は、記録簿付きの中古車が高く売れるというか、記録簿のない中古車は安くなるという傾向があり、記録簿の中身もチェックされるのが普通だから、法定点検などは何らかの形で受けておくことだ。
また走行距離が多いクルマは査定が安くなるが、だからといって距離を走らないようにしたのではクルマを買った意味がない。ムダな走行は避けるにしても、せっかく買ったクルマは自分が使いたいように使うのが基本。それが査定にどう影響するかはあくまでも結果論である。
クルマを後から自分好みの仕様に変更している部分があったら、それは元の状態に戻しておくことだ。
ステッカーを貼ったり、後付けのカー用品を装着するなどしていたら、それらを元の状態に戻すのだ。
自分で楽しむためにやるのは間違っていないが、次に買うユーザーは前のユーザーの痕跡が残っているのを好まないのが普通。できるだけすっぴんに近い状態にして査定を受けると良い。
愛車に装着されているカーナビやアルミホイールなどをどうするかは判断が難しい。
一般的にはカーナビやオーディオ、アルミホイールなどはクルマに装着したままで一緒に手放すのが良いといえるが、最近はそうした用品類を買い取る専門店も増えていて、外した用品が高く売れることもある。
自動車メーカーの純正品ではなく、自分が後から装着した装備品であれば、クルマから外して売却したり、あるいは次に買うクルマに装着することを考えるもの良いだろう。
ただ、外した跡が残っているとその分は査定が減額されるから、それを覚悟した上で取り外すことになる。なので、脱着の手間や査定ダウン分などを考えると、よほど思い入れのある高価な用品類でなければ、わざわざ取り外すまでもないように思う。
このあたりは用品の種類や用品に対する思い入れ、また個々のユーザーの考え方によって変わるので、損得勘定も含めて総合的に判断すれば良い。

買取ランキング

ガリバー

スズキ ワゴンR

スズキ ワゴンR

大人気の軽自動車、ワゴンR! 特に売れているグレードは「スティングレー」「FXリミテッド」になります。査定額にも期待!

ホンダ フィット

ホンダ フィット

コンパクトカーとして人気のフィット! フィットの中でも、標準モデルの「13G」が売れ筋です! 買取価格にも期待できそうです。

ダイハツ ムーヴ

ダイハツ ムーヴ

中古車の中でも人気が高い、ムーヴ! ボディカラーでは、「ブラック」や「パールホワイト」の人気が高いです。

自動車評論家が教えます!

車のあれこれ調査!

PR特別企画

自動車ローン

中古車査定の基礎知識

PAGE TOP