1. かんたん車査定ガイド >
  2. 車買取相場 >
  3. 日産 >
  4. 日産 GT-R

日産 GT-Rの買取査定相場

日産 GT-R

新車 車両価格
905万円~
買取査定相場
50~490万円 ※かんたん車査定ガイド利用後アンケート調査
カタログ燃費
8.7km/L
ボディタイプ
クーペ/オープン

日産 GT-Rを査定する場合のポイント

  • 日産のスーパーカーの象徴であるスカイラインの後続車となるGT-Rは、機能性もデザイン性にも優れていて、多くのファンが存在しています。
    買取にも需要があるため、高額査定を期待することが出来ます。
  • GT-Rは、「ダークメタルグレー」や「ホワイトパール」などのカラーが人気です。
    人気のカラーは査定額が高くつきやすいです。
    いつか売却をすることを考え、高額査定を希望しているのであれば人気のカラーを選ぶと良いでしょう。
  • サーキットやスポーツ走行を行った場合には、クラッチやシフトなどの細部までしっかりとチェックが行われます。
    高額査定を希望しているのであれば、査定を受ける前にきちんと調整を行っておきましょう。

日産 GT-Rの査定口コミ

投稿者 年式 買取査定額 査定会社 コメント
60歳以上 男性 1997 50万 シーボーイ

買取価格が一番高額であった。 対応が早く良心的であった。

モデルの特徴や出荷台数についてご紹介

  • 高い速度でサーキットやアウトバーンを走行することが出来る動力性能があります。
  • 動力性能だけでなく、乗り心地が良いので街乗りにも向いています。
  • 雪道や濡れた路面でもハンドルを取られることがなく、操安性が高いです。
  • トランクの積載性も高く、スーパーカーでありながらたくさんの荷物を乗せることが出来ます。
  • スーパーカー市場を広げるためにも、価格には配慮されており、他社のスーパーカーに比べるとコストパフォーマンスが高いです。

2011年販売台数:約500台(北米:約1100台、欧州約1000台)

ライバル車種

  • 三菱 ランサーエボリューション
  • ポルシェ 911
  • レクサス LFA など

評判 & ニュース

日産のスポーツカーの象徴とされていたスカイラインGT-Rの後続車となるGT-Rは、2007年12月に発売をして以来、数回モデルチェンジが行われてきました。2011年のマイナーモデル時には、最高出力が550馬力となり、早さでは他社を寄せ付けません。
また、2013年には特別仕様車となるスペシャルエディションが発売をされました。スペシャルエディションの仕様は、ドライカーボン製のリアスボイラーやハイパーチタンカラーコートを施したホイールの装備、エアバッグには、カーテンエアバッグの追加などユーザーの心をくすぐるようなものになっています。スペシャルエディションのボディーカラーには、宝石のような輝きを放つ特別な塗装がされている「ミッドナイト・オパール」が設定されています。このスペシャルエディションは、全世界で100台のみの限定販売で、とても希少価値の高いものとなっています。現在発売されているGT-Rは、2017年まで生産されると言われています。今のままでも十分な乗り心地であるが、毎年進化をし続けると公言をしていることを考えると、今後はいったいどのような進化を遂げるのか実に楽しみなところであります。限定品などが発売をされる際には是非チェックをしておきたいものです。

日産 GT-Rの歴史

img

日産GT-Rが最初に登場をしたのは、2001年第35回東京モーターショーでした。この東京モーターショーで、GT-Rコンセプトが出品されました。そして、この翌年には、前身モデルとなるR34型のスカイラインGT-Rの生産が終了しました。2003年の第37回東京モーターショーのプレス向けの会見では、2007年の秋にGT-Rの発売をすると発表されました。
GT-Rの発売発表から約4年・・・GT-Rファンにとってはとても長い年月だったことでしょう。そして、満を持して2007年の12月に国内での販売が開始されました。翌年の2008年には米国での発売も開始され、GT-Rは世界へ広がっていきます。
2009年には一部使用が変更されたり、2010年にはマイナーチェンジが行われるなど数回のモデルチェンジが行われ毎年徐々に進化をしています。メーカーも毎年変わり続けることを公言していて、様々なアプローチが行われています。GT-R通の人であれば、ステアリングを握ったその瞬間にどの年代のものか分かってしまうかもしれません。

それくらいGT-Rは異なる次元へと進化をし続けているのです。

開発秘話

img

スポーツカーと聞くと、街乗りには不向きだと考える人が多いと思います。しかし、日産のGT-Rは、さすが国産ということもあり、街乗りにも適したものとなっています。

日本は、世界の主要国での自動車保有ランキングで2位に輝いています。国民の2人に1人は車を所有しています。そのため、移動手段として車が多く利用されるのです。よって、ただスピードが出るだけのスポーツカーでは日本での需要が少なくなってしまいます。
日産GT-Rは、車移動の多い日本人へ向けて、誰もが乗りやすいものとなっているのです。遮光範囲は拡大され、交差点やカーブなどで見えにくい路側帯などが見やすくなりました。また、高輝度のLEDリアコンビネーションランプを使用することで、ドライバーからだけでなく、他社からも認識されやすいようになっています。タイヤロックにはABS(アンチロックブレーキシステム)が採用をされているので、走行時の安全性も高いです。
さらに、万が一の事故に備え、運転席にも助手席にもSRSエアバックシステムが搭載されています。衝突をしても、エアバックが衝撃を緩和してくれます。エンジンフードやフェンダー、カウル周辺部にはエネルギーを吸収する性能があるので、歩行者への衝撃も軽減することが出来ます。GT-Rは、安全性が抜群なので、街乗りにも適しているのです。

しかし、そうは言ってもGT-Rは日産を代表するスポーツカーです。早さこそが最大の魅力です。エンジンが車両前方にあり、車両後方には、クラッチ・トランスミッション・トランスファーが配置されています。この配置は、独立型のトランスアクスルレイアウトで、世界で初めてのものです。駆動方法は、4WDとなっていて、パワーを簡単に引き出すことが出来ます。よって、スーパーカー初心者の人であっても快速な走りを楽しむことが出来ます。

           

その他の日産車種

その他のクーペ/オープン

32秒の簡単入力で最大10社の査定額をチェックできます!!
是非、当サイトの一括査定をご利用ください。

PAGE TOP